OGASAWARA PICTURES 19
お別れ

港  
雨上がりの旭山をバックにした港

買い物もすませて、後は乗船するだけです。

ここから東向き Yahoo Map

鯨  
鯨がいます

鯨 Yahoo Map

検疫  
検疫の係官です。

サツマイモやアサガオなど3種の植物は、中に内地には居ない害虫がいるそうで 内地へ持ち込んで繁殖してはいけないということで持ち出し禁止になっています。

港には植物検査の係官がいますが特に手荷物検査をする訳では無く、店開きを して注意を呼びかけています。

搭乗  
搭乗です。

自由乗船と言っても、列を作っているのを無視して割り込む人はいないので 自然発生的に列が出来ます。我々もその列の最初の方に並んで搭乗開始を待ちました。
列が出来ると、船も待たせるのは可哀想と(?)搭乗開始を早めてくれました。

我々は8番と9番、C3キャビンの真ん中でした。

幹部?自衛官離任  
幹部?自衛官離任
上の写真の一番奥の部分の拡大です。列が出来ていて、左端の人はスーツを着て、 花束を持って栄誉礼?を受けています。

自衛隊の偉い人が異動で内地に帰るということで自衛官が並んで見送っています。 そのうちにバンザイ三唱も起こりました。旭日旗も振られていました。

手前の太鼓隊は自衛官のお見送りでは無くて、おが丸出航の定番行事です。 打ち手はYLさんでした。

見送り  
見送り

出航時間が迫ると島中の人が見送りにやって来ます。
パトカーが2台、白バイが1台、その他役場の車などが次々やってきます。

タラップが外されて船が岸を離れる時は、見送りの人達は黄線の後ろまで 下げられます。
ファミリーのご主人は後ろの送迎デッキで手を振っていました。

たぬぽん  
たぬぽんも見送りに来てくれました。

見送り  
見送り

船が岸壁を離れるとまた岸壁まで出てきて手を振ってくれます。

船の別れは結構感傷的になります。

右端はたぬぽん。

見送り  
船が前進し始めるとカヌーのお見送りからスタート
見送り  
いろんな船が出てきます。

かっぽれ丸という船は音楽をガンガン鳴らしながら追いかけて来ます。

見送り  
左奥の方で消防自動車がライトを付けて赤色灯を回して、 放水までしてお見送りです。

スゲーなぁ、消防まであんなにして見送ってくれるんだ!!と 感じ入っていたら、あれは偉い自衛官が帰るから特別のイベント だとのこと。そうだわなぁ〜、納得・・。

見送り  
二見港の出口近く、並んでお見送りです。

この後港の外へ出たあたりで、順番にスピードを落として、 乗っている人達が海に飛び込みます。

足から飛ぶ人、頭からの人、宙返りをする人と、それぞれが パフォーマンスを見せてくれます。

ファミリーで「もう1航海世話になる、飛び込むから見てて」 と言っていたYLさんも見事に飛び込んでくれました。

見送り  
飛び込み

飛び込む写真はメモリ残少なくこれしか取れませんでした。

一応海面あたりに人が居るのですが・・・。


←BACK ↑HOME NEXT→