SAIPAN PICTURES 1, Rental SHACK

SHACK ホテルの真東の丘の上にシャックがあります。

写真中央の山の斜面に小さく白く写っているのがフィンハウスという建物のシャックです。

この写真はホテルを出た所から東向きに撮ったものです。


ゴルフ場の駐車場の中を通り一旦外へ出て、 コースの外側に沿って奥へ進むと左側にフィンハウスが見て来ます。

建物は年期が入っていてボロイ!。

この写真の右側はヤシの木を境にしたゴルフ場のコースで、この少し先右側あたりが10番ホールのセカンド地点です。 フェアウエーはJAのコースに比べると整備されていない感じでした。(無線とはあまり関係なくてすみませんHi)

SHACK

In the SHACK シャックに入るとレンタル機材が置いてあります。

前のチームが置いていったままの形だと思います。

濡れた手袋がケースの上に干してありました。


入ってすぐの玄関にはアンテナ機材がスキーの 袋に入れて立てかけてありました。

この写真で良く分かりますが、フィンハウスというのは完全なログハウスなんですね。
風雨が強い島ですからRC造で木装してあるのかと思っていましたが、オール丸太造りでした。

SHACK

ANTENNA 2班に分かれて、我々の班はアンテナ組み立てです。
既に1630を過ぎていますから急がないと真っ暗になり細かな作業が出来なくなります。

写真はWH0LとWH0Mが10,18,24の2エレHB9CVを組み立てている所です。クランクアップタワーの上のアンテナでは WARCバンドに出られませんからこれは必須です。

手前にはそれを上げるルーフタワーが用意してあります。

彼らは短パンTシャツで作業していましたが、暗くなるに従って蚊の(大)群が襲って来てシッカリ刺されたようです。 私は最初からGパンに長袖ポロでしたから平気でした。


HB9CVをルーフタワーの上に取り付けているKH0C(私)。 柱上安全帯はシャックに2組程ありますのでそれを借りました。当初持って行こうと思ったのですが 有るという情報が得られましたので持たずに行きました。

この頃は既に夕闇が迫っていて心があせっていました。

ビーム方向を合わせようとしましたがローテーターが回りません。どうやらコントローラ側でコネクタの 接触不良が有るみたいでしたが、時間が無いので修理などできず、結局北西(JA・EU)向けの固定ビームに しました。3台のローテーター全部回りませんでしたので全部約北向きの固定ビームにしました。

ANTENNA

ANTENNA 明るくなってから写したアンテナ群です。
小さくて良く見えませんが、手前の右側に5MHz用逆V、左に50MHzビーコン用4エレHB9CV、奥(北側)にWARC用 2エレHB9CV、更に北側に14,21,28の2エレHB9CVを建てました。
その他フィンハウスの軒やクランクアップタワーからもツエップタイプのアンテナを1.9, 3.8, 7, 10MHz用に 傾斜型に張りました。
同時3人オペをするとなると、マルチバンドアンテナは1周波数に占有されますからマルチには使えません。 そのために同じバンドのアンテナをそれぞれ複数用意する必要があります。
我々は1.9--1, 3.5:3.8--1, 5--1, 7--2, 10--2, 14--2, 18--1, 21--2, 24--1, 28--2, 20--2 を用意しました。

HOME NEXT